東北の震災における原発被害者のキャッシング

即日融資可能なキャッシング取引きをする被災者

東日本大震災の影響は、まだまだ被災地に陰を落としています。東京をはじめ日本全国でも、今はニュースや新聞で軽く話題になる程度ですが、あれだけの復興予算(約20兆円)や、大規模な義援金はどこに消えてしまったのでしょうか?

 

被災者の方も、バラマキでお金を受け取り労働意欲をなくしてしまった人や、逆に十分なお金を受け取ることもできずに、経済的に困窮している人もいます。

 

特に身寄りのない高齢者などは、たいへんな生活を強いられているようです。このような中で、プロミスなどの大手消費者金融も震災の被害者に対して、返済の一時据え置きなど優遇措置を取っているようです。

 

それでも新規でキャッシングをする被災者も増えているようです。経済的に困窮している人は、即日融資可能なキャッシングを利用していたそうです。

 

そして被災地で仕事が見つかっても以前よりは、かなり給与水準が下がってしまい苦しんでいる労働者も多いので大変です。

 

割りきって東京などの大都市に移住してきた人でも、なかなか就職難で仕事が見つからなかったり、アルバイトレベルの仕事に従事しているような人も多いと言われています。

 

消費者金融は、一定収入があれば即日融資可能なキャッシングなども行ってくれますが、返済をしっかりしていかなければなりません。しかし原発関係のしごとに付いていた人は、地元近郊でもなかなか思うように収入を得ることができず苦労しています。

 

そこで収入が減った人が、カードローンなどに手をだしているようです。もともと復興予算は、被災地の住民と地元企業を支援するための資金できした。ところが実際には、訳の分からない業者が福島などにも出没して、助成金を得て活動しているのです。

 

勝手に放射能の除去作業をして料金を請求したり、家の修繕を法外な価格で行ったりして暴利を得ています。

 

なぜか地元の企業にあまり、復興予算が行き渡っていないのです。そのため就職口も少なく、被災者は厳しい生活を強いられています。衣食住の後は、とにかくお金が必要になります。

 

医療系でも状況は同じで、まともな診療を受けられずに苦しんでいるお年寄りなども多いです。特に高齢者は移住をするのにも地元に愛着があり、資金的な問題以外にも土地を離れたくないという声を良く聞きます。

 

そういった高齢者が、まとまな医療を受けられないのは問題ですね。日本赤十字にも多額の寄付金が集まったはずなのですが、そのお金もどのように運用されているのか、さっぱり分かりません。

 

これでは被災者が追い詰められて、即日融資可能なキャッシング業者に緊急の借り入れをするのもやむを得ません。

 

阪神大震災でもこのような問題がありましたが、東北の方が災害規模が大きい分、より多くの悪質な団体などが跋扈しているようです。こういう問題こそ、法律でしっかりと罰していかないといけませんね。

 

プロミスで土日の即日融資を利用する

プロミスは、消費者金融の中でも土日祝日の即日融資など、柔軟な借り入れをすることができます。業界でも大手で信用力なども定評があります。中小の消費者金融でキャッシングをするのは多少の不安がありますよね。そのような場合は、やはり安心の大手を利用するのをお勧めします。

 

大手の消費者金融は、メガバンクが運営元でプロミスも三井住友グループが経営しています。そのため申し込みから審査、貸し出しまでスムーズで利用者の評判も高いです。銀行でもキャッシングは行っていますが、審査のスピードや借りやすさではやはり消費者金融が利用しやすいです。

 

実際に急な資金繰りや、災害時の臨時の利用など、多くの人に役立っています。お金の調達の手段としてプロミス即日融資を活用した被災者の方には、金利の一定期間の免除など、柔軟な対応にも応じてくれています。

 

被災者向けの義援金も多くが集まりましたが、実際にはなかなか当事者には行き渡らなかったのが現実です。そのようななか社会貢献をしていたのが、プロミスのような消費者金融業者です。

 

一時的に資金が融通できれば、後から義援金などで返済できますし、当座の生活費を賄うことができたのは大きなメリットです。いまだに借金というとマイナスイメージを持つ人がいますが、正しく活用することで生活を安定させることが可能になってきます。

 

ただし返済に関しては、しっかりとした計算にもとづいて行わなければいけません。基本的に借り入れできるのは、安定収入があって上限が年収の3分の1以下までです。この基準を満たしていないとまとまな業者の審査には通りません。

 

もちろんプロミスの即日融資もこの法律を遵守しているので、例外はありません。逆にこの基準を無視しているところは、違法な業者なので絶対に利用してはいけません。

 

だいたい社会的に消費者金融の評判が良くないのは、違法な業者が一定数存在していることに理由があります。こういった業者は、無茶な融資をして法外な金利を請求します。そして強引な取り立てで利用者を追い込んでいきます。

 

土日の即日融資を利用するときも、必ず長年の信用や実績をみてから借り入れを申し込んでください。

キャッシングを利用する際に、クレジットカード系や銀行、消費者金融系とたくさん
種類がありますね。

 

この中でも一番スピード融資が期待できるのが、消費者金融系になります。
銀行系のカードは、少し時間がかかりますしクレジットカード系もすぐには利用でき
ません。

 

別に長い目で利用するためになら、どれでもいいと思いますが、やはりお金が必要な
時というのは緊急性がある場合が多いです。

 

例えば仕事の転勤で急な引越しをする場合がありますが、引越しの手当はしばらくたた
ないと出ないなど、資金が足りなくなることがあります。

 

業界によっては、本当にすぐに異動させられますし、すぐに借入ができないと困るという
状況になる場合もありますよね。

 

さらに突然発生する高額な医療費などは、自分や配偶者、子供以外にも両親など、
周りの人間が病気になると支払いに困ります。

 

一定以上の医療費は申請すれば戻ってきますが、これも即金で手に入るわけではあり
ません。必ずしばらく建て替えて置かなければなりません。

 

そのような時に、消費者金融で、即日融資可能なキャッシング業者を選ぶとすぐにお金を
用意出来るので便利です。

 

プロミスやアコムなら土日や祝日でも、自動契約機を利用すればすぐに借入をすることが
できます。

 

オンラインでは平日以外は、金融機関の振込時間の影響を受けるので土日などは、すぐに
振込してもらえなです。

 

でも例えばアコムなら楽天銀行、プロミスならジャパンネット銀行か三井住友銀行にネット口座を
持っていれば、24時間振込サービスを受けることができるので、審査に通ればいつでもキャッシング
できます。

 

その他にアイフルやモビットなど、多くの消費者金融で即日融資が可能ですが、それぞれ条件が
違うので要注意です。

 

例えば、モビットならオンラインの即日融資には、健康保険証が必要なのですが、国民保険は
認めてくれません。社会保険か共済保険でなくてはならないので、自営業の人などはすぐに
融資を受けたいときは自動契約機にいかなくてはなりません。

 

アイフルでも24時間振込サービスを実施してくれる銀行は存在しないので、土日や祝日の借入を
希望する場合は、契約機までいかないといけません。

 

このように見ると、やはりプロミスやアコムは利用しやすいです。

 

実際に即日にお金を手に入れることができれば、何かと便利です。急な出費が重なることは誰に
でもあります。もちろん普段から蓄えをきちんとしていれば問題ないのですが、なかなか難しいです
からね。

 

私も若い頃は、安月給で苦しい生活を送っていたので、こういったサービスを利用したことがあります。
一度親に借りて、嫌な顔をされたことがありますが、消費者金融なら人間関係が悪くなることもない
のでいいですね。

 

計画的に返済していけば、カードローンもそんなに怖いものではありません。借りすぎないように
コントロールしておけば大丈夫です。

 

特に一時的に金銭的にピンチになった時など、気軽に利用してみることをお勧めします。

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/09/25 23:19:25

東日本大震災でも、特に福島県の原発の被害区域内の人々は、移住を余儀なく
されています。

 

そのような中でも比較的、現地に近い仮設住宅で生活していた人たちと、職を求めて
首都圏近郊まで引越ししていた人で、状況の差も出ています。

 

仮設住宅に暮らしている人たちは、比較的に高齢者が多くもともと生活が楽ではあり
ません。そして年齢的なものと慣れない住環境により体調をくずす人も増加しています。

 

やはり将来的な経済的な問題に、直面している層が多いように思えます。

 

国も当初は、「全員帰還」などということを目標にしていましたが、今では方針転換して
移住を後押しするようにシフトしてきています。

 

おそらく最初から、放射能の問題もあるので全員の帰還が不可能ということは分かって
いたはずです。それでも表向きの目標にしていたことは、汚さを感じますね。

 

将来的には、もちろん仮設住宅に継続的に暮らし続けるわけには行きませんから、国が
住む場所を用意するような形になるのでしょうか?

 

高齢者はお金がないので、そうしないと解決しませんね。
仮設住宅に住んでいる人たちは、経済的な困難者が多い状況です。

 

一方では、子供がいるなどの状況ですぐに生活を立て直したい、と考えていた比較的若い
層は、仕事が多くある首都圏を目指して移住していったそうです。

 

この人達は、年齢的な若さもあり、正社員として再出発できたケースも多かったようです。

 

ただ一方では、なかなか仕事が見つからず、非正規労働者になった人たちもいます。こちらは
時給制で賃金水準も低いので、子供がいる家庭の場合は生活が苦しいままです。

 

夫婦二人で働いても、基本的に殆ど昇給することはありませんし、ボーナスなども付きません。
かなり厳しいことには変わりません。

 

消費者金融でキャッシングなどをして、生活費を補填する人もいるようですが、非正規のまま
だと返済もきつくなってくるはずです。

 

国としてはこういった人たちに、追加融資などを行って支援していかなければいけませんね。
東電なども関連企業も含めて、できるだけ職業を斡旋するなど誠意をみせなければなりません。

 

まだまだ東日本大震災の問題は、解決していないことが山積みな状況と言えます。

続きを読む≫ 2014/09/24 22:55:24

東日本大震災では、復興支援金や民間の義援金が多く集まりましたが、実際
には、平等に渡っているとはいえません。

 

実際に一部のマスコミでも、怪しげなお金の流れを追求するような記事も
掲載されましたが、本当にごく一部です。

 

大きな媒体だと、仮に取り上げたとしても大事な部分はぼやかしたまま、
というケースが目立ちます。

 

ある程度深いところまで、切り込んでいるのは週刊誌などです。
しかし残念ながら、週刊誌やタブロイド誌では信用度が低い面もあり。国民
から深層を徹底追求する声は、あまり聞かれません。

 

やはり国が絡んでいることなので、何らかの圧力がかかっているのでしょうか。
大手のマスコミが本格的に追求していかないと、なかなか不透明なお金の流れ
などは、解決できないでしょうね。

 

そのような中で、消費者金融のプロミスを利用する被災者が多かったようです。
本来ならば、復興支援金などで生活費や引越し費用がまかなえればベストなの
ですが、特に若い人にはあまり義援金などが行き渡っていないようです。

 

お年寄りでも病気を持っている人などは、いくら一時的な義援金を受け取っても
たいした医療が受けられず病状を悪化させてしまったり、亡くなったりした
人たちもたくさんいました。

 

そうなるとやはり、生活費や医療費が不足してきてしまいます。
キレイ事だけでは生活できません。

 

私の友人も、被災地で原発の比較的近い場所に住んでいました。
彼も子どもを含めた家族を持っていたので、放射能の影響を避けて引っ越しを
決意しました。

 

そこでやはりお金が足りなくなり、週末だったのでプロミス土日キャッシング
利用したそうです。

 

初回限定ですが、「30日間無利息サービス」というものも利用できるので、
利用を決めたと言っていました。

 

彼はそのサービスも利用して、キャッシングで家族の移住費用や新しい土地での
就職活動費用に活用しました。

 

そのおかげで、新しい職場も見つかり、今では東京で元気に働いています。

 

彼の機転がきいたところは、早い段階でプロミスの土日キャッシングを利用して
資金を確保したことです。

 

そのため素早い動きができて、早く新生活の安定基盤を気づくことができたので
しょう。

 

のんびりしていたら、離職期間も長くなってしまいますし、仕事の勘も落ちますし、
なかなか採用してもらいにくくなってしまっていたはずです。

 

そして生活費もかさみ、どんどんと苦しい状況になっていたはずです。
素早い対応が功を奏したと言えるでしょう。

 

彼が昔ながらの消費者金融やキャッシングに、拒否感を示すたいぷではなかったの
は本当に良かったと思います。

続きを読む≫ 2014/08/14 21:44:14

福島の原発事故では比較的に状態のよい家でも、放射能の影響で住むことができ
なくなりました。

 

避難勧告を無視しても、インフラが整っていませんし実際住むことはできません。
そして家が津波で流されたり、完全に倒壊した人などはもうそこでは生活できま
せんね。

 

災害系の保険でもほとんどカバーできないのが現状なので、結局は住宅ローンは
まるまる残ることになります。

 

それに加えて新しい住まいのローンが加わることで、二重ローン問題が発生します。
そういっても、よほどの資産家で別の場所に担保価値のある資産でもなければ、
新しいローンなど組むことはできないので、ほとんどは最初の住宅ローンと新しい
住居費の負担の問題になります。

 

ほとんどの人は仮設住宅以外では、賃貸物件に住むことになりますが、実情は厳しい
ものです。

 

プロミスなどの即日キャッシングなどを利用する人も多い位なので、将来的に現在の
ローンを返済して、新しい住宅を建てるというのは至難の業でしょう。

 

平日はもちろん土日まで働いて、頑張って借入金の返済をしてもとても間に合い
ません。

 

この問題は震災直後から新聞やニュースでも、さかんに取り上げられていいました。
私もテレビのニュースで、二重ローン問題に悩む男性のインタビューを見たことが
あります。

 

でも国が被災ローン減免制度を施行したのは、平成23年8月からなので、いくらなんでも
遅すぎました。

 

数万件の応募があると見込まれていたのが、今でも千件弱しか申込みがありません。
これでは全体の被災者からみると、意味がありませんね。

 

巨額の復興予算を、本来こういう住宅関連に使用しなければいけません。
衣食住の中でも、一番お金が掛かる部分ですからね。

 

報じられている情報によると、バラマキで意味のない公共事業や必要性のない業者に
予算が使われているようです。

 

今からでもせめて新しい住居の賃貸費用位は、一定額の補助金を出すなどしないと、
さらに消費者金融などのキャシングが増加するなどの問題が起きるでしょう。

 

もう今からだと、二重ローンの問題を解決するのは難しいかもしれませんが、少しでも
被災者の生活が良くなるようにしていかなければなりません。

 

そのためにも徹底的に復興予算などの資金の流れの明確化、実効性のある目的に予算を
組む、などの政策が大事になってくると思います。

続きを読む≫ 2014/08/06 23:53:06

福島県では原発の問題で、住民のほとんどが避難している地域があります。
そのような地域にいまだに空き巣が出没するようです。

 

ついこの間も、建設作業員の男が逮捕されています。
全国から集められている労働者の中には、犯罪傾向が強い人間もいるので
しょう。

 

そもそも、キャッシングなどで多重債務者になっている人をピックアップして、
高額の給料をえさに半強制的に連れてきているケースもあるようです。

 

東京電力でも下請けや孫請けの話しなど、知らぬ存ぜぬです。
まるで他人ごとのような説明を聞いていると、さすがに腹が立ちますね。

 

実際は、その労働者たちは危険な放射能関係の仕事をさせられ、リスクを
背負っているのですが、給料自体は東京の工場勤務の日給程度というケースも
あります。

 

それは何重にも中間搾取業者が中に入っているので、最終的に末端の労働者
には格安の給料しか入らないという仕組みです。

 

それでも全国から働ける人を集めたブローカーの方は、手数料をしっかり抜ける
ので儲かるという仕組みです。

 

そして犯罪に走ってしまう人は、もともとカードローンの借入を消費者金融に
していて、返済を遅延させないように盗みに走る場合もあります。

 

当初にせつめいしていた金額よりも、支給額がはるかに少ないわけですから、
同情できなくはない面もあります。

 

それでも空き巣をしていることに関しては、もちろん擁護できません。
東京電力や建設業者も、中抜業者などは可能な限り排除して、きちんと実際に
職務に従事している人たちに給料が渡るようにするべきです。

 

それと、全国から単に空き巣目的の犯罪者が集結しているのかもしれません。
今は防犯上に監視カメラなどが設置されていますが、まだまだ数が足りないの
が現状です。

 

個人の対策としては、戸締まりをするようにという発表がでていますが、やはり
一度帰って、貴金属やアクセサリーなどは回収してくるのがベストだと思います。
今では現金の盗難は殆ど無いようですが、貴金属系の窃盗はまだ続いています。

 

消費者金融大手のプロミスなどでは、被災者向けの特別措置を実施して、いろいろと
利用者への配慮をしているようですが、やはりお金の問題は大切です。

 

被災者生活再建支援法という法律が、阪神淡路大震災後に制定されました。
でもこの法律では、1世帯当たり300万円が上限です。

 

これではもし自宅に帰れるとしても、住宅の再建はできませんし新しい土地でも
足りない位の金額です。

 

その上、空き巣問題と続くと本当に堪りませんね。

続きを読む≫ 2014/08/06 22:04:06